認印は読める書体で

印鑑イメージ

皆さんが持っている印鑑の書体って、なんていうものか分かりますか?
お持ちの印鑑をよーく見てみて下さい。

印鑑には認印、銀行印、実印といろいろあります。
個人の印鑑だけでなく会社の印鑑にも同じように種類があるんですが、印鑑にはそれぞれに合った書体というものがあるんですよ。

印鑑の書体というのはみんな同じでは、まったく意味を成さないものです。
印鑑の書体が誰もがみんな同じだったら、同じ姓や名前を持つ人の印鑑偽造しまくりですよね。

印鑑は自分そのものを表すものです。証明書みたいなものですね。

たとえば運転免許証でも同じ形はしていても写真やその免許証の番号で識別されるのと同じで、印鑑も彫られている姓の書体、その印影で誰の印鑑なのかを判別します。

そうすると、印鑑それぞれみんな同じ書体ではまずいわけです。
何より同じ書体というのは、偽造してくださいといっているようなものですから。

特に実印や銀行印などは決して偽造さえたり悪用されてはならないものです。
では認印は?認印というのは銀行印や実印のように役所や銀行に登録しておくような印鑑ではありません。

でも使用頻度が高いのです。
ということは、人目に付くことがとても多いことになります。

特に認印という名前の通り、誰がその印鑑を押したのかが分からないといけませんよね。 認印は読みやすい書体でないとちょっと困るわけです。

宅配便などで印鑑を押した時に、後になって確認をとる時にまったく読めない書体の印鑑で押されてしまったら困りますものね。

ちなみに認印の書体には誰でも読み取れる「古印体」や「楷書体」という書体でつくられている事が多いのです。

~ 便利WEBサイト情報 ~

<初めての方にもおすすめ>印刷通販

基本サイズのB4コート紙から、折込チラシやフライヤーとして身近なA判印刷まで

チラシ印刷のことなら日本一激安の印刷通販へ

高品質なデザイン代行や折加工もうけたまわっております。

ページの先頭へ