署名と印鑑はワンセット

印鑑イメージ

大きな買い物、たとえば車とか、マンションなどの不動産を買うとなると、日本では印鑑や印鑑証明というのがとても重要になりますよね。

あれってサインだけじゃダメなんでしょうか?
海外ではサインというのが日本の印鑑と同じ効力を持ちますよね。

大事な書類に印鑑を押し忘れたり、印鑑を契約の場に持ってこないと契約できなかったり、さらに日本では「印鑑証明」も必要なことがあって、かなり面倒ですよね。 印鑑証明は役所などに行ってもらって来なくてはいけないし。

サインだけじゃダメなんですか?
日本ではサインというより署名といいますよね。

署名というのは分で自分の名前を書くことです。
日本ではこの署名と印鑑っていうものがワンセットですよね。

学校への提出物で保護者の署名の後ろには印鑑を押さなくてはいけないし、何かしらの契約をする際にも署名だけでいいということってあまりないです。

だから名前までは書いたけど印鑑を持ち合わせていなかったのでその契約はなしになるということもしばしば。

本来日本では署名だけでもまったく問題ないはずなんです。
ビジネス上や裁判などにおいては印鑑がなくても拇印や書き判といって自分の名前を印鑑のかたちに似せて署名する事も有効なんだそうですが、どうしても印鑑と署名という組み合わせがすでに社会の常識になってしまっているのでサインだけで契約を行うということにはならないでしょうね。

印鑑が押してあることでお互いが安心して契約に臨むということも、また事実ですから。

~ 便利サイト情報 ~

<即日出荷サービスあり>名刺作成

自分好みの名刺をどこよりも早く手にしたい方にオススメなSPEED名刺館

多彩なサイズやデザインから選べるテンプレートは500種類以上!
仕上がりイメージを確認できるプレビュー機能搭載で簡単・自由にレイアウトを調整しながら、オリジナルの名刺を作成できます。

ページの先頭へ